現代を生きる

現代を生きている私達は、日を重ねるごとに体に溜まっていく凶悪な毒を、色んなデトックス法の力で外へ追いやり、ワラにも縋る想いで健康な体を手中に収めようと必死になっている。
お肌の乾燥の主因の一つである角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の衰えは、アトピー性皮膚炎などの先天性の要素によるものと、高齢化やスキンケア化粧品や洗浄料による後天的な要素に縁るものが存在しています。
美容外科(Plastic Surgery)とは、身体の機能上の損壊や変形を修正するよりも、専ら美意識に従って人の体の容貌の向上に取り組むという医療の一種で、独自性を持った標榜科目である。
大体は慢性に繋がるが、しかるべき治療によって病状・病態が抑制された状態に維持できれば、自然に治ってしまうことが予期できる病気だ。
日本での美容外科の経歴では、美容外科が「由緒正しい医療分野」であるとの評価を手に入れるまでには、想像以上に長い時間を要した。